忍者ブログ
家具や木工に関する専門的なことから、全然関係無い話まで 工房の日常を私シンイチが気ままかつ赤裸々に綴るコーナー。
[189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



以前から気になっていたハンス.J.ウェグナーのエルボーチェア(CH20)。
その後ろ姿に惹かれたのが忘れもしない3、4年前。←正確には忘れてる。

欲しい!欲しいけど買えない。だったら作ろうと安易な考えで椅子作りの奥深さを痛感したのが2年前。(過去エントリ「模倣犯」参照)

そんな紆余曲折があり、とうとう我が家にも憧れのホンモンのCH20が。

というのもヤフオクで展示品が半額くらいの値段で出てたんです。時々チェックしてましたがこのCH20が出たの初めてじゃないかな?

千載一遇のチャンスと自分に言い聞かせ落札しました。正直、半額とはいえフトコロは極寒です。


でもいいんです。憧れの椅子を日常の生活で使えるだし。

ただ、落札して一つ問題が。

今回のCH20、ビーチのソープフィニッシュで座面がスエードという最も汚れやすい仕様(個人的な考えですが)

うちには最近掴まり立ちを覚えた怪獣が一匹。
その口の高さがちょうどシートハイなんです。

あぁ考えただけでおそろしい。

正直、シートはまだいい。スエードの色調もあまり好みではないので最終的には張りなおす覚悟だから。
ただそれでなくても汚れやすいソープフィニッシュで、その怪獣の汚れ攻撃に耐えられるだろうか・・・。いや無理だ。それなら先に防御策をしておいたほうが得策ではないだろうか・・・。

でもソープのあの白木の風合いも捨てがたい。

「汚れたらまた研磨して洗えばいいじゃないか。」という前向きな考えもでれば

「とかいってホントに洗うのか?そのままなぁなぁになるのがオチではないか。」という現実味あふれる意見とか。

なんだかんだ考えた結果、オイルフィニッシュにすることにしました。白木の感じが失われるのはいたしかたないが、これからのことを考えると一番妥当かなと。

そこでまず本来の姿を写真におさめ・・・



座面をはずし・・・



磨く・・・↓注)大げさにこすってます。


そしてオイル塗布。今回はオリオⅡを仕様。





濡れ色になりイメージは変わり落ち着いた感じになった。



研磨してて気付いたけど特徴的な背もたれ。このラインの美しさが僕が惹かれている理由の一つ。自作した時もその削り出しに苦労した。

でもよく見ると案外いびつ。カールハンセン&サンの工場の力量を疑う気はさらさらないけど工業製品となるとこれくらいのモノなのかという感じ。
おおまかには機械で成形するだろうから最後の手仕事での仕上げの際に削りすぎとかで崩れたラインだと思う。工業製品だからといって均一に同じものではなく当たりはずれがやっぱりあるんだなというところ。

これはこれで人の手作業の面影が残ってて微笑ましい。

あたりと思うかはずれと思うかは買った人しだいだけど。




ちなみに僕は「はずれた!」と思いました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
怪獣との共存
別件で更新されてるかな?と思い見てみたら!
羨ましい~!憧れの椅子を手に入れれるなんて!

しかしながら、怪獣がいるといろいろ大変よね~
気取ってられないもんね。

私たちは、怪獣の攻撃も「味」として見れる
寛大な心を持たなくてはならないのかもしれません。
hira-P 2009/05/27(Wed) 編集
寛大とは
寛大な心。

それはヨダレをもすりこんでオイルの塗り重ねが省けたと思う心。
shin1 2009/05/27(Wed) 編集
寛大な・・・
寛大な心。
それはいずれよだれがケチャップとなり、お気に入りのスウェットに落ちないキスマークを付けられても成長の証と涙をのむ心^^;

ウェグナーの椅子、前に展示会に連れて行ってもらって以来、目に付くよ。
最近、ドォーモでも椅子の特集やってて出てきてたよ
kiyo4 URL 2009/05/29(Fri) 編集
寛大・・・・・
ケチャフィニッシュ。
おそろしい・・・。
shin1 2009/05/30(Sat) 編集
おしえてください
はじめてご連絡します。CH20で検索してたどり着きました。今購入を検討しています。
我が家にもShin1様と同じように怪獣がおります。
また、家具の手入れは自分でしたいと考えております。過去に、安く買ったブナ材の椅子の生地の張替や、緩んだ貫の閉めなおし、IKEAで購入したブナ集成材のワックスかけなどしています。
そこで、CH20を購入する場合、ソープフィニッシュを買って、自分でワトコオイルを塗るか、
オイルフィニッシュを買うべきか、悩んでいます。
市販のオイルフィニッシュはちょっとつやがありすぎて、ラッカーのように見えないこともないし、
本当はソープがいいのだけど、同様に汚れが目立ちすぎることと長く使い込んだ時の風合いが分からない、途中で洗うとは考えにくい、という悩みです。
アドバイスを、お願いします。
taku URL 2009/06/08(Mon) 編集
>taku
コメントありがとうございます。

あくまで個人的主観で書きますのでチラ見程度にお読みください。

ソープはまずメンテをする心構えが必要だと考えます。汚れたら洗う。この作業を続けていく心構えがないと白木の美しさを保つのは難しいと思います。
また、汚れたら研磨して汚れを落とし新品のような状態に戻すので風合いというものが出るのかは疑問です。(ソープに関してはほとんど無知ですのであくまで個人的な考えです)

現在、ウチの工房の事務所ではYチェアを使用しております。ビーチのソープフィニッシュです。この工房設立時からあると聞いていますので10年くらいの使用期間ですがキレイとは言いがたいです。とくに手(肘)を置く部分は汚いです。もちろんこれはメンテをしてないせいでもあります。(僕たちの手が汚れすぎてるというのもあるかもしれません)

ただ肘の先端部分はいい感じの艶になってます。この感じはソープならではなのかなとも思います。ただこのいい感じが椅子全体ではなく、よく触ってる部分だけというのが個人的に好きではありません。
いい感じの所と汚れてる感が強い所のムラが気になります。

「途中で洗うとは考えにくい」「怪獣との共存」という点ではボクはオイルフィニッシュをお勧めします。(ボクとほぼ同じケースですので)

今回、ソープフィニッシュを研磨してオイルを塗りましたが個人的には満足しています。オイルも一回塗りしかしていませんのでそんなに艶も出ていません。ま、この状態がどれほど続くのかは疑問ですがソープほど使ってて今のところ手垢など気になりません。

ただワトコは黄色っぽくなりすぎる感があるので個人的には「白木」にはお勧めできません。

今回使用したオリオⅡはよかったです。

市販のオイルフィニッシュが気に入らないのであればソープ→オイルもアリかなと思います。

最終的には愛着なんですけどね。

ケチャップの跡も愛おしければそれは汚れではない。

おそらく悟りの境地ですね。


まだ悟りには程遠いです・・・。


以上アドバイスにはほど遠いアドバイスですがほんの参考までに・・・。





shin1 2009/06/10(Wed) 編集
ありがとうございます
ご丁寧な対応ありがとうございます。

取り扱いのある家具業者に問い合わせてみても、
違った答えが返ってきて困っています。

ただ、テーブルを合わせて作ろうと思っていて、
となると当然テーブルもブナ、しかも表面は当然オイルをぬるでしょう。
その雰囲気を合わせるためにも、自分で塗りましょう、と考えます。
ヤスリでの最初の色おとしは大変でしょうか?

また、各種オイルの特徴も教えてください。
ワトコはIKEA家具用にホームセンターで購入しました
taku URL 2009/06/13(Sat) 編集
>taku さん
こんにちは。

取り扱いのある家具業者も流石に大丈夫とは言えないでしょうね。僕も正直オススメしていいのかは疑問です。ただ僕のCH20はいい感じになったと思いますので一応、僕のやった工程を書いときます。


まず、ヤスリでの最初の色おとしという意味がよくわかりませんが、ソープは無着色ですので表面をヤスリ(サンドペーパー)でこすってやるだけでさほど大変ではありませんでしたよ。

正直、どこまで削ればいいかはわかりません。

ただソープの染み込み具合にもムラはあるでしょうから削りムラができるとオイルの浸透具合にも若干影響が出るかもしれません。

ちなみに僕はあまり荒いペーパーは使わず、#240(仕上げ並み)くらいで長いことこすり、#320→#400でざっと仕上げました。

時間にしても15~20分でした。
ただしこれくらいでいいかはわかりません。自分の感覚を信じてこすってください。ただこすりすぎてラインがイビツになるのは注意をしてください。

僕がつかったオリオⅡはオイルとウレタンのいいトコ取りのような塗料です。汚れなどにも強そうです。

オイルを塗った時、多少表面が毛羽立つかもしれません。
その時は#1500くらいの耐水ペーパーでオイルを塗りながらこすってください。シットリすべすべになりますよ。この感じたまらんです。

ウエスで丁寧にふきあげた後一日乾燥させます。

僕は一回塗り(下塗り)で止めましたが、普通は2,3回塗り重ねます。

ざっとこんな工程です。

なんにせよ椅子が高級品ですのでできれば同じ様なブナソープフィニッシュのサンプルになるようなものがあれば試しにやってみるといいんですが。

くどいですがあくまで自己責任でお願いしますね。

ただ自分で手を入れた椅子は愛着1.8倍増しです。



オイルについては下のページに説明してありました。ネット販売もしてるみたいです。
ウチの工房では用途にあわせて、リボスまたはオリオⅡを使用しています。

http://www.ohhashi.net/shop/oiltop3.html


ご健闘をお祈りしております。
是非、結果を教えてください。
shin1 2009/06/16(Tue) 編集
実験
ありがとうございます。

購入時に、サンプルピースをもらえるように
お願いしてみます。

またなにかあったら連絡しますね!
taku URL 2009/06/21(Sun) 編集
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
shin1
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1979/02/16
職業:
家具職人
趣味:
焼酎
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) BLOG ---木匠工房の家具製作ブログ--- All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]