忍者ブログ
家具や木工に関する専門的なことから、全然関係無い話まで 工房の日常を私シンイチが気ままかつ赤裸々に綴るコーナー。
[189] [188] [187] [186] [185] [184]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忙しく行けないと思っていた阿修羅展。
最終日の27日、仕事が思いのほか進んでいたため休んでいくことに。

連日、長蛇の列で最高260分待ちとの情報を聞き、早朝一番でささっと見て帰ろうということになった。

で、4時起床、4時半出発・・・。



よく考えたら早くついて一番乗りでも開館までは結局待ちなんだよな。
アフォだな~なんていいながら着いたらすでに11台のツワモノが・・・。聞いた話では一番の方は2時着らしい・・・。



駐車場が開くのが8時。しかし博物館の入口にはすでに30人ほど並んでる。そこで二手に分かれることに。車の中で待機の俺と入口の列に並ぶユウキ。

結局、一時間早く7時に駐車場が開き、一緒に列に並ぶ。

開館2時間前ですでに3百人ほどの列になっていた。どんどん増え続けてる。



博物館も一時間早く、8時半くらいに開館した。



「やっと阿修羅に逢える」

この長蛇の列、長い待ち時間を予想してるかのようなフレーズにうけた。

以下朝日新聞の記事より抜粋



九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開かれていた奈良・興福寺創建1300年を記念した特別展「国宝 阿修羅展」(朝日新聞社など主催)は27日、68日間の会期を終え閉幕した。27日も大勢がつめかけ、総入場者数はこの日午前中に70万人を超え、最終的には71万138人に。九州で開催された展覧会の動員数としては新記録となった。



らしい。

感想としては正直「鑑真」の時のほうが衝撃的だったが仏像として繊細な表情と細い腕のライン。360°から観賞できる展示方法。なんかガラスを通さず同じ空間にいる緊張感みたいなのはヒシヒシと感じた。


警備員に出口はどこですか?と尋ねたら

「もう観たんですか!?」って。
確かにまだ本来の開館時間の9時30分前だった。

折角なのでお隣の大宰府天満宮を参拝し梅ヶ枝餅を食べ帰路へ。帰るころはすでに120分待ちになってた。

昼前には自宅へ帰り、そっから爆睡にはいるという有意義なお休みでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
 行ったんや。それも4時起床っすか!!
阿修羅展俺も見に行きたかったな~。
 
bookmountain 2009/09/30(Wed) 編集
無題
僕は180分ならんで見ました。もち平日ですが。阿修羅をみるとき警備の人の掛け声にあわせてまわるの笑った。阿修羅もかっこよかたけど、カルラ様もすきだったなー
R 2009/10/03(Sat) 編集
これは戦争です
※ 動画サイト → 【維新政党・新風】弁士、韓国人に襲われる

一人ひとりの怒りの拳が大きな力となります、皆さん御賛同下さい。

なぜ駅前の一等地に焼肉店やパチンコ屋が陣取っているのか?
韓国人の書籍やDVDがコーナーの一角を占有し
販売され続けるのか?

偽装した在日右翼の車が街中を疾り
日教組が反日教育を促し、なぜ朝日新聞、毎日新聞
TBS、朝日、NHKをはじめとするTV局が日本国を貶める
偏向報道をするのか?

米国で犠牲になった人々(バージニア工科大学)の冥福を祈りつつ
一日もはやく醜悪な朝鮮人の絶滅祈りつつ・・・・

我々、日本人の血税を貪り食らい
不労所得で毎月一人あたり20万円もの生活保護を受け
さらに【納税・教育・交通・保険・医療・他、】それら全てを優遇され
凶悪犯罪を行っても通名(偽名)で報道されて
本名を一切公表されない・・・
異常な【在日特権】を知らない日本人があまりに多すぎる。

⇒ サイト 「在日特権を許さない市民の会」 会員募集中!

  サイト 「韓国は『なぜ』反日か?」参照

  サイト 「歴史捏造国家 韓国」参照

  サイト 「国民が知らない反日の実態」参照

  サイト 「在日による性犯罪」参照

  サイト 「厳選 韓国情報」参照

  サイト 「博士の独り言」参照

関連書籍/宝島社「嫌韓流の真実!ザ・在日特権 」

関連書籍/晋遊舎「マンガ嫌韓流」~4(絶賛発売中!)

関連書籍/晋遊舎「TBS報道テロ 全記録」

動画検索/YouTube ニコニコ動画 (在日 韓国 朝鮮 反日 売国 創価学会 統一教会)

推奨番組/CSスカパー 「日本文化チャンネル桜」

【近年の犯罪者リスト】

●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。週刊現代がスクープ事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害15人が重傷。朝鮮人部落出身。
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人。
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人。
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 実家パチンコ店の帰化人、英国人ルーシーブラックマン、日本人、豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人。
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す。
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人。
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。日本人老夫婦を刃物で殺傷。
●木原武士 →元暴力団の鍵業者 在日帰化人 フリールポライター染谷悟さん殺害、東京湾に沈める。
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦。
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦。
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡。
●李正遠 →在日韓国人 浜松市内の住宅に侵入し15歳の少女を強姦、06年6月頃から強姦事件が20件ほど起きており、手口が似ていることなどから余罪について追及。
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ。
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦。
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ。
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し女子小学生14人をレイプ。
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦。
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦。
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり。
●金平和 →98~06年大阪・神戸 女性宅に侵入スタンガンで脅し強姦監禁。現金を奪う。キャリーバッグに入れて自宅に監禁。100件以上の被害「生活費と性欲を満たしたかった」語る。
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦。
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か。
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見。
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず。
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中。
●崔鳳海 →韓国人の暴力団 03年より市を「なめているのか俺に対立する人間は消えていくんだ」恫喝し生活費1940万を受取る。さらに嘘の保険金約2200万円を受取り、高級車ブランド品を購入。
●崔基浩 →韓国籍 美容外科医池田優子さんの長女果菜子さんを身代金目的で誘拐。逮捕後に殺害するつもりだったと供述。
●永田保(金保) →韓国籍「聖神中央教会」代表。12歳少女に性的暴行で逮捕、被害者は30人以上。
●松岡寿明(金寿明) →暴力団を装い大阪府内で12歳から24歳の女性17人を次々に脅して強姦。
●趙龍翼 →(主犯格ほか)プラスチック会社社長、上野さん夫婦宅に侵入。現金を奪い口や鼻を布で塞いで窒息死させる。共犯の韓国人2人は逃亡中。
●西澤(徐康次)→韓国籍 岐阜市六条江東、強盗強姦。10代女性にカッターナイフ突き付け現金奪い暴行、08年から似た手口の強姦容疑事件が発生していることから余罪があるとみて捜査。
●安田亨(安承哲)→09年1月 大阪 タクシー連続首斬り強盗殺人・コンビニ連続強盗。刃物で運転手「後藤利晴」さんの首を切り殺害。毎月12万円の生活保護をパチンコに使いサラ金に280万の借金、コンビニで奪った金をパチンコで全額を消費。

ほか、
在特会 2009/10/14(Wed) 編集
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
shin1
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/02/16
職業:
家具職人
趣味:
焼酎
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) BLOG ---木匠工房の家具製作ブログ--- All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]